一人暮らしの住まいの選び方辞典

賃貸を探す際のコツと注意点

何回か住まいを変え、引越し経験もある人なら、物件の情報の見方や不動産会社探し方などのコツを知っているものです。
でも初めて一人暮らしをするために物件を探すという人は戸惑うこともたくさんあります。
まずは、時間には余裕を持って、ネットや住まいの情報誌、不動産会社など幅広く賃貸物件の情報を集めてみましょう。
一番肝心なのは、誠実で仕事が丁寧で信用のおける不動産会社を選ぶことです。
対応がそっけない、物件数が少ない、現地見学を面倒がる、態度が悪い、借りることをせかす…などは論外なので、ちょっと感じが悪いな、熱心ではないなと感じたら別の不動産会社に行ったほうが良いでしょう。
そして賃貸で一人暮らし用の物件を豊富に持っている会社を選びましょう。
いくつか候補が絞れたら、まずは間取り図をくれるのでじっくり比較検討してみましょう。
そして、必ず実際に現地に足を運んで自分の目で見ることです。
その際、最寄り駅からの距離や周辺の環境、治安なども観察し、病院、郵便局、クリーニング店、コンビニなどが借りたい物件の近くにあるかも確認しましょう。
物件は部屋の中だけではなく、建物の周辺やゴミ置き場、駐車場なども見学し管理が行き届いているかも観察して下さい。
部屋は収納の大きさやコンセントの位置、日当りや風通し、壁の薄さ、冷暖房の有無など細部まで確認しましょう。
室内やキッチン、バストトイレなど写真に撮っておき、家に帰ってから比較検討したほうが、冷静に決めることができます。

Copyright (C)2017一人暮らしの住まいの選び方辞典.All rights reserved.